毎年の保険料

2017/05/16 20:42
適切な保険金額は、万一の場合に将来にわたって 『必要となるお金の合計(生活費・住居費・教育費など)』から 『入ってくるお金の合計(貯蓄・遺族年金・配偶者の収入など)』を差し引くと概算を出すことができます。 また、将来にわたって必要となるお金の合計は、年を経るにつれて減っていきます。 例えば、子供が独立したら万一の場合の教育費は不要になりますよね。 つまり、適切な保険金額も年を経るにつれてっていきます。 なお、マンションや一戸建てを購入されている方は、通常は購入時にローン残高相..

続きを読む

もっと見る