毎年の保険料

適切な保険金額は、万一の場合に将来にわたって 『必要となるお金の合計(生活費・住居費・教育費など)』から 『入ってくるお金の合計(貯蓄・遺族年金・配偶者の収入など)』を差し引くと概算を出すことができます。 また、将来にわたって必要となるお金の合計は、年を経るにつれて減っていきます。 例えば、子供が独立したら万一の場合の教育費は不要になりますよね。 つまり、適切な保険金額も年を経るにつれてっていきます。 なお、マンションや一戸建てを購入されている方は、通常は購入時にローン残高相当の保険商品の中身を検討する前に、まずは生命保険に加入するため、必要な保険金額はその分少なくなります。 基本的に保険商品の中身を検討する前に、まずは保険は『万が一』の時に起こるお金の面でのマイナス(さらには精神的なショック)をカバーするためにありますが、殆どの方は大きなアクシデントに遭うことなく平穏無事に生活していきます。もし保険料を多く払いすぎていると、平穏無事な人生を送る場合にいろいろと不都合なことが起こります。毎月の生活費が不足したり、子供の教育費が足りなくなってボーナスの殆どを充てたり、住宅ローンの支払が苦しくなったり、定年退職までに十分な老後資金を準備できなかったり・・・・などという状況に陥りかねません。 保険料を払いすぎて、平穏な人生でのお金のやりくり(=家計)が苦しくならないか、ざくっと見積もってみましょう。 現在お支払いの保険料が高すぎると感じた方は、保険を見直した方が良いかもしれません。また、保険会社の支払い能力を示すもので、保険会社を数字で比較する際、 もっとも広く使われている指標の1つに、ソルベンシーマージン比率 という指標もあります。家計や暮しのためにちょっと勉強してみて下さい。 次に、加入されている保険商品の中身を検討する前に、まずは保険会社のホームページで、 「保険料収入の増減」を確認してみましょう。 毎年の保険料収入が減少傾向にある場合は、将来は格付が低くなる可能性もあるといえます。 最後は、お客さま満足度。 つまり、保険契約者が満足しているのかどうか?? いまは格付けが高くて、契約数や保険料収入が伸びている会社であっても、 保険会社の販売手法に問題があったり、アフターサービスに問題があったりすれば、 お客さま(契約者)の満足度が低下します。単に「安い」だけが家計や暮しに 良いこととは限りませんよ。 以上のポイントで一つでも不安な点があった方は、保険を見直した方が良いかもしれません。通常、生命保険会社とのお付き合いは短くても10年、長い場合は50年以上に渡ります。保険商品の中身を検討する前に、まずは保険商品の中身を検討する前に、まずは「保険会社」をしっかりと見極めることが大切です。保険会社を見分けるためには以下の方法を参考にしましょう。 まずは、加入されている保険会社の「保険財務格付」を見てみましょう。 以下のような格付会社のサイトで、 調べることができます。 S & P http://www.standardandpoors.co.jp/ ムーディーズ http://www.moodys.co.jp/