星占い

星座占いで最もポピュラーなのが西洋占星術。 西洋占星術では、ホロスコープと呼ばれる個人や事柄の出生図を作り出し、 それらを中心にして、運命や運勢、性質などを読み取って占います。 最近ではパソコンソフトで西洋占星術のホロスコープが簡単に作れますね。 西洋占星術は基本的に、12星座、10惑星(感受点)、12室、惑星同士のアスペクトの 4つの要素から成り立っています。 これらを組み合わせて運命、運勢、性質を読み取るため、多岐にわたる占い方ができるのです。 星座占いは、星占いともいい、西洋占星術を簡略化した占いの一種です(太陽星座占い)。 12星座占いは、生まれた時に太陽が十二宮のどの位置に在ったかにより、 性格や相性、運命などを占うものです。 太陽暦では、誕生日さえ判れば太陽の位置も判るため、簡便な占いとして、急速に普及し、 今日の運勢は?と雑誌などに載っているものは、生まれた時の太陽の位置と 占う日の星たちの位置関係から、その日の運勢を占っています。